2012年04月05日

飲酒運転 その1

飲酒運転・酒気帯び運転で支払われる自動車保険と支払われない自動車保険があります。
各保険会社共通です。

最初にお断りさせていただきますが、管理人は飲酒をして運転することには絶対反対です。insyu.PNG



ただし、最悪の実例として、飲酒運転で保険が支払われないと思い、逃げる例があります。
これだけは避けて欲しいと考え公開させていただきます。

結論を先に書かせていただくと「対人賠償」と「対物賠償」は支払われます。
支払われないのは「車両保険」「人身傷害補償」「搭乗者傷害」です。

この差は「被害者保護」です。
飲酒運転でケガや死亡の被害に遭い保険金もでないでは被害者があまりにもかわいそうです。


「車両保険」「人身傷害補償」「搭乗者傷害」は飲酒運転は故意みたいなものですから自分で原因を作った事故までは支払われません。

また、飲酒運転で事故を起こした翌年の自動車保険は継続が非常に難しくなります。
また、会社の飲み会・宴会で午前様になった時の翌朝は厳密には酒気帯び運転になる確率が高くなります。

絶対に飲酒運転はしないでください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税も上がりそうです。自動車保険を節約しましょう。

一番安い<<自動車保険>>がその場で分かる 5大特典付き


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!


posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 08:45| Comment(0) | 飲酒運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。