2012年04月05日

人身傷害補償 その1 バックした車で子供をはねる

対人賠償のところでも説明させていただきましたが、対人賠償保険では家族を自動車で轢いたとしても支払われません。

よくある例が「自動車をバックさせた時に、自分の子供が車の後ろにいて、ケガをさせてしまった」ケースです。
これは対人賠償ではお支払いの対象外です。

けれども自動車保険の契約内容によっては支払われます。
それは「人身傷害補償」で「車外も補償」されている場合です。
保険会社・契約内容によってはお支払いの対象外になる場合もあるので、契約する場合はよく確認してください。

hasamareru.jpg

イラストは大人がバックした車にははさまれるところです。

逆に一家に車が2台以上ある場合、補償が重なって保険料が重なっている場合もあるので、ムダな保険料を支払っている場合もありますので注意しましょう。

例えばA車の自動車保険とB車の自動車保険の両方に「人身傷害補償の車外補償」の契約がされていた場合、もし、「自動車がバックした時に気がつかずに、車の後ろにいた子供にケガをさせてしまった。」この場合、子供の損害額が10万円だった場合、両方の自動車保険から10万円支払われるわけでありません。
つまり、重なっている自動車の保険料は全くのムダになります。
この場合、 A車かB車のどちらかを例えば、「搭乗中のみ補償」にすればムダを減らせます。
どちらの補償を減らすかというと、一般的には無事故割引の少ない保険料の高い方の自動車保険の方を減らします。
正確には代理店・保険会社に試算してもらえば分かります。




posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 09:27| Comment(0) | 人身傷害補償 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。