2012年04月05日

他車運転担保補償

よくある例が、車検や修理の時に修理工場から借りた代車や、友人から借りた自動車を運転し、交通事故を起こしてしまった。

手短に書かせていただくと個人の自動車にはほとんどの場合(自家用8車種であれば)、他車運転特約という補償が使えます。

注意していただくのは、1家に1台自動車保険に加入していれば他に2台目3台目の自動車があった場合では「他車運転特約」の対象外です。

元の自動車保険の契約内容によっては車両保険も使えます。

また、会社契約の自動車保険はこの「他車運転特約」は対象外です。
別に「臨時運転特約」が必要になりますが、整備、修理、点検中の場合です。

自家用8車種という車が対象になります。
(自家用8車種という言葉は自動車保険では良く使われます)
自家用8車についてはナンバープレートや分類番号によって次の車になります。
一番多いのは自家用の自動車(乗用車だと予想されます。
1.自家用普通乗用車
2.自家用小型乗用車
3.自家用軽四輪乗用車
4.自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)
5.自家用普通貨物車(最大積載量0.6t以下)
6.自家用小型貨物車、
7.自家用軽四輪貨物車
8.キャンピング車




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税も上がりそうです。自動車保険を節約しましょう。

一番安い<<自動車保険>>がその場で分かる 5大特典付き


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!


posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 09:32| Comment(0) | 他車運転担保補償 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。