2013年01月23日

自動車保険を契約する時の注意 主な使用目的

自動車保険の保険料を決める基準のひとつとして、走行距離と主な使用目的があると前回書かせていただきました。
今回は主な使用目的の区分についてです。
ほとんどが次の3種類で、保険料の高い区分からです。

1.業務使用
2.通勤・通学使用
3.日常・レジャー使用

これらの区分は多くの保険会社で年間を通して月15日以上で区分されます。
ですから、冬の間だけ、週に5日、業務に使っていて夏は全く業務に使わない場合は年間を通して月15日に満たなければ、「業務使用」にならない可能性が高いです。
契約予定の保険会社で確認してください。

「通勤・通学使用」も考え方は同じです。

業務にも通勤・通学にも年を通して、月15日以上使わない場合は「日常・レジャー使用」になります。

注意するのは、「日常・レジャー使用」で契約していた方が、契約の途中で、働きにでた場合「通勤・通学使用」になるか、期間などを保険会社か代理店に伝えて、確認してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税も上がりそうです。自動車保険を節約しましょう。

一番安い<<自動車保険>>がその場で分かる


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険の契約方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

自動車保険をインターネットで契約する時の注意 主な使用目的・年間走行距離

自動車保険の保険料を決める基準は大きく次の二つに分かれます。

1.年間横行距離
2.主な使用目的


年間走行距離の区分で分けるのは、通販系自動車保険が多いです。

ソニー損保    (走行距離区分 5)
チューリッヒ損保 (走行距離区分 5)
アクサダイレクト (走行距離区分 3)
セゾン自動車   (走行距離区分 4)
損保24     (走行距離区分 5)
エース損保    (走行距離区分 2)
です。
走行距離区分が多いと保険料も細かくされています。
但し、走行距離の区分数が同じ保険会社でも、区分の走行距離は違います。
例として年間距離が4500kmの場合、一番安い区分になる保険会社があったり、安いほうから3番目の区分
になったりします。

また、ソニー損保では走行距離に満たなかった場合に翌年は次年度の保険料が割引になります。
例えば、今年、走行距離が3000km少なかったら、翌年度の保険料は3000km分の走行距離を引いて計算されます。

逆に超えても安心サービスでは、その年の保険料は上がらず、翌年の保険料に繁栄されます。

「主な使用目的」での注意は別の記事でかかせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税も上がりそうです。自動車保険を節約しましょう。

一番安い<<自動車保険>>がその場で分かる


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険の契約方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

自動車保険を切り替える時の注意

自動車保険を切り替える場合の注意です。
ご存知の方も多いと思いますが、おさらいです。

1.自動車保険の等級は引き継げます。
  例、10等級で無事故で、2月1日が満期 無事故の場合は
    翌年の更改時は11等級になります。
  この時に、保険会社を変えるのが、一番良いでしょう。
  次の保険の始期は2月1日になります。

2.満期以外の日に保険会社を変えることは可能です。
  上の例では1月1日に自動車保険を他保険会社に変更することはできます。
  等級としては不利になります。
  上の例では翌年の1月1日になるまで「10等級」のままです。
  あまり無いことですが、この時に、前の自動車保険の「解約日」と新しい自動車保険の「始期日」を一緒にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税も上がりそうです。自動車保険を節約しましょう。

一番安い<<自動車保険>>がその場で分かる


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

posted by 日本一信頼できるFP事務所 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険の契約方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。